建設廃棄物リサイクルの経済的側面 Economic Aspects of Recycling of Construction Waste

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

最終処分場が枯渇しつつある現在, 産業廃棄物のなかでも排出量, 最終処分量ともに大きな割合いを占める建設廃棄物の発生抑制・排出抑制が求められている。建設解体工事における施主一元請け一下請けの重層性や静脈市場の未発達が, 建設廃棄物の適正処理やリサイクルを妨げている。特に, 建設混合廃棄物については最終処分費用が上昇し, 受け入れが困難になりつつあるのに, リサイクルプラントに集荷されず, リサイクル率が低いままでいるという「建設混合廃棄物のパラドックス」という現象が起きている。この結果として, 不適正処理や不法投棄が多発している。民間の活力を利用して, 効率的なリサイクルを行うためには, 静脈市場がうまく機能するよう行政がコーディネーターとして制約条件を整備することが必要である。また, 最終処分場や総合リサイクルプラントの規模の経済性を考えるとき, 行政が静脈インフラストラクチャとしてこうした設備を整えることも考慮すべきである。

Because landfill space for waste disposal is being exhausted, reduction in industrial waste is becoming been required socially necessary. Since the proportion of construction waste to the total industrial waste is nearly 20% and, furthermore, the proportion of the landfill of construction waste to total landfill is more than 40%, reduction of construction waste has been one of the biggest issues among waste disposal problems. The structure of the Japanese construction industry is rather complicated, and this is considered to be one of the reasons why recycling has not been promoted sufficiently so far and illegal disposal has often occurred. Economic aspects of recycling and disposal of construction waste were fully analyzed. Utilizing the results of the analysis, we will present some realistic proposals for this issue of management. We will emphasize the important role of the central and local governments this coordinator. They have an obligation to coordinate recycling and waste-disposal markets.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 11(2), 105-116, 2000-03-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004547068
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    5333804
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ