建設廃棄物 その問題の所在と求められる対策 Construction and Demolition Waste:Where its Problems are and what Should be Done

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

森林破壊の問題に取り組んできたNGOの視点から, 建設廃棄物の問題の所在と求められる対策について述べた。前半では, 建設廃棄物の問題が, 廃棄の現場の問題だけでなく資源採取の現場の問題と表裏一体となっていること, そしてそれらはどちらも環境や人権, 開発の問題と密接に関わっていることを見た。後半では, 既存建設物の長期利用こそが求められる重要な対策であることを提示するとともにその事例を紹介し, また建築系解体廃棄物のリサイクルを促進するために必要な支援策や生産者責任の採用について述べた。

We discussed where the problems of construction and demolition (C & D) waste are and what should be done from the viewpoint of NGOs that have been engaged in deforestation issue. In the first half, we showed that C & D waste problems are not only problems at landfill sites but are also closely linked with those at raw material acquisition sites, and that both of them include problems of environment, human-rights and development. In the second half, we pointed out that prolonged use of existing constructions is the most important measure that should be taken and introduced some examples. We also discussed public support, which is necessary to promote the recycling of building demolition waste, and adoption of producers' responsibility.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 11(2), 126-133, 2000-03-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  29件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004547082
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    5333815
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ