建設業界における建設廃棄物リサイクルへの取り組み Approach of Construction Industry for Recycling of Construction Waste

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

建設業は, 建設廃棄物排出量が全産業廃棄物発生量の約25%を占めていて, 廃棄物多量排出業種となっている。<BR>経団連では, 傘下26業種についての産業廃棄物の最終処分量の削減目標を1999年12月に設定しているが, 建設省の「リサイクル推進計画'97」と整合させた「建設業界における建設リサイクル行動計画」を策定して, 建設廃棄物リサイクルに取り組んでおり, その成果も顕在化している。<BR>本稿では, リサイクル率が低迷している建設汚泥と建設混合廃棄物について, 建設業界が最優先課題として取り組んでいるので, 「建設業界における建設リサイクル行動計画」の概要とその実施状況を紹介する。

As much as 25 percent of total industrial waste is generated from construction activities. In order to reduce this amount, the construction industry has set up and publicized a recycling target, that is intended to be achieved by 2010. The Keidanren set reduction goals for it's 26 participating industries in December 1999. In addition, the construction industry has written the "Action Plan for Construction Waste Recycling, " whose philosophy matches that of the "Recycling Promotion Plan '97" of the Ministry of Construction. Through the activities mentioned above, the corresponding situations hays been improving.<BR>This paper introduces the outline of the "Action Plan for Construction Waste Recycling" and current resulting situations. Construction sludge and construction mixture waste, of which the recycling rate has been low, are explained in detail.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 11(2), 134-141, 2000-03-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  3件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004547112
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    5333828
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ