ダイオキシンと性ホルモンとの相互作用 Interactions between Doxin and Sex Hormones

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ダイオキシンと性ホルモンの相互作用のメカニズムを明らかにする目的で, 性ホルモンに支配される組織由来の細胞を用いた実験およびラットにおけるエストロゲン (E2) とTCDDとの相互作用の実験を行った。その結果, 子宮内膜がん腫由来の細胞, RL95-2, KLEのTCDDに対する反応の差はエストロゲンレセプターα (ERα) に主に起因し, ERαはAhRを介する遺伝子発現に正の修飾因子として作用することを明らかにした。またラットを用いた実験で, ERがE2の存在下, TCDDによるCYP1A1誘導に関与していることを<I>in vivo</I>ではじめて示した。一方, 男性ホルモン, アンドロゲンのレセプターを有する前立腺腫瘍由来の細胞においては, TCDDは抗アンドロゲン作用を示し, テストステロンおよびTCDDにより誘導されるシグナル伝達経路において相互に転写を阻害することを示した。

In this study, the responsiveness to TCDD in cell lines from sex hormone-dependent tissues and rat's liver were investigated, using CYP 1 A 1 as a marker, to elucidate the mechanisms involved in the interaction between 2, 3, 7, 8-tetrachlorodibenzo-p-dioxin (TCDD) and sex hormones.In endometrial carcinoma cell lines, RL 95-2 and KLE, estrogen receptor α (ERα) plays a very important role in the positive regulation of genes associated with the arylhydrocarbon receptor (AhR) gene battery and is mainly responsible for the differential responses of the two cell lines to TCDD.In rat's liver, estrogen enhanced the TCDD induced CYP 1 A 1 expression in vivo. On the other hand, the potent antiandrogenic effect of TCDD and a bilateral transcriptional interference between testosterone and TCDD-induced signal transduction pathways were observed in LNCaP prostate cancer cells.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 11(3), 162-172, 2000-05-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  36件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004547154
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    5373598
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ