日本におけるダイオキシン汚染の原因とその変遷-除草剤由来のダイオキシン類の寄与- The Origin of and Change in, Dioxin Pollution in Japan-The Contribution of Dioxins in Herbicides-

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 益永 茂樹 MASUNAGA Shigeki
    • 横浜国立大学 環境科学研究センター Institute of Environmental Science and Technology, Yokohama National University

抄録

宍道湖と東京湾の堆積物試料中のダイオキシン類コンジェナー組成の詳細な解析から, 水域のダイオキシン類汚染は1960年代から1970年代にかけて最大で, それは除草剤のペンタクロロフェノール (PCP) とクロロニトロフェン (CNP) の不純物に起因していたことを明らかにした。さらに, 最近の堆積物中でもそれら過去に使用された除草剤由来の汚染が燃焼由来と同等以上の寄与をしていた。除草剤由来のダイオキシン類は今なお大半が農地に残留し, 引き続き流出していると見られた。他方, 過去の農薬の分析から, 1960年代から1970年代初めに生産されたPCPやCNPは高い毒性等価濃度を持っていたことを明らかにした。以上のことから, 現在進められている燃焼排出源対策は, その周辺環境の改善には一定の効果があるが, 摂取経路として重要な魚介類汚染に直結する水域汚染の改善効果は短期間では現われ難いことが指摘される。

Based on the detailed dioxin (PCDD/DF) analyses of dated sediment cores collected from Lake Shinji and Tokyo Bay, the past and present states of dioxin pollution in the Japanese watershed were described.<BR>The dioxin concentration and profile recorded in the sediment cores showed that the pollution originating from pentachlorophenol (PCP) and chloronitrofen (CNP) herbicides was severe in the 1960 s and 1970 s.From the decrease of dioxin deposition in the lake after intensive herbicide use, the dioxins accumulated in the soil of the basin were estimated to have decreased by 0.9-1.4% per year or to have a half-life of 50-77 years. This indicated that dioxin run-off from agricultural fields would continue for a long time in the basin. The contributions of PCP, CNP and incineration to the TEQ concentration in the present surface sediment of the lake were estimated to be about 60, 10 and 30%, respectively.<BR>These results indicated that the present government policy on the reduction of dioxin emissions from combustion sources would do little for the immediate remediation of dioxin pollution in the Japanese water environment.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 11(3), 173-181, 2000-05-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  22件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004547191
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    5373604
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ