PCBの処理技術-化学処理を中心として Chemical Decomposition Technologies for the Treatment of Polychlorinated Biphenyls (PCBs)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

PCBの製造および輸入の禁止, 開放系での使用禁止, 回収などの措置を受けてからすでに28年が経過した。使用中あるいは保管されているPCBを含む電気機器から環境への放出が懸念されている。一方で, 廃棄物処理法では, 焼却法だけではなく, 脱塩素化分解法と超臨界水酸化分解法がPCB処理法として認められた。<BR>本文では, PCB汚染問題の経緯と化学処理技術の概要をまとめた上で, 今後の課題として, PCB問題をダイオキシンの観点から見直す必要性を示すとともに, PCB汚染物の処理技術として溶媒洗浄法や真空加熱分離法などの実用化に向けて課題を抽出した。

About 30 years have already passed since measures dealing with PCBs such as the prohibition of manufacture, import and use in open systems were introduced. The emission of PCBs to the environment from electrical machinery and apparatus in use or being stored which contain PCBs has been a source of concern. Not only incineration but also chemical treatment processes such as chemical dechlorination and supercritical water oxidation were covered under the "Waste Disposal and Public Cleansing Law" of 1998. To begin with, this paper outlines the history of the PCB contamination problem and the chemical treatment technologies proposed. As a future problem, the necessity of re-examining the PCB problem from the viewpoint of dioxins is described. In addition, the problem concerning the practical application of solvent cleaning technology and vacuum heating separation technology as processing technologies of PCB-contaminated waste is discussed.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 11(3), 197-209, 2000-05-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  8件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004547244
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    5373665
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ