廃棄物と環境教育・環境学習 Waste and Environmental Education・Learning

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

廃棄物問題を解決するためには, 廃棄物を削減するために市民と事業者の環境教育・環境学習が重要である。本総説では日本における環境教育・環境学習の流れを概説し, 最近中央環境審議会からの答申「これからの環境教育・環境学習」の骨子を説明した後, 廃棄物を通しての環境教育・環境学習の進め方, 方向性について論述した。環境教育・環境学習は今や持続可能な社会を形成するための教育・学習であるとされ, 学習者には具体的な環境保全への行動を促すことが求められている。廃棄物を通しての環境教育・環境学習では, リサイクルもさることながら, 発生抑制をいかに行うか重要であり, そのためには体験型学習やワークショップ形式の学習によって具体的に廃棄物削減への行動を促すプログラムと人材養成の整備が必要である。

It is very important that we minimize the production of waste through promotion of environmental education and learning processes among citizens and the business sector. In this paper, the history of environmental education and related learning in Japan is presented as an over-view, and a recent report by the Central Environmental Council entitled "A direction for environmental education and learning" is explained. Subsequently varions means of promoting environmental education and learning concerning solid waste are discussed. Nowadays, the purpose of environmental education and learning is the establishment of a sustainable society. Environmental education and learning must also result in action for environmental preservation. In environmental education and learning concerning solid waste, it should be understood that reduction is more important than recycling. Experiential learning or workshop-style studies are effective in promoting action. Leadership training for education and the development of new learning programs will be required in the future.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 11(3), 223-231, 2000-05-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004547310
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    5373779
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ