内分泌攪乱性が疑われる化学物質の危険度評価 Hazardous Evaluation of Endocrine Disrupting Chemicals

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

廃棄物中の化学物質のリスク管理のために, 残留性, 生物濃縮性, 毒性をスコアリングして優先順位を評価するシステムを紹介した。ここでは, 内分泌攪乱性が疑われる75化学物質に関して, 筆者らの提起したスコアリングシステムによって, 危険度の優先順位を算出した。その結果, 農薬, 殺虫剤と燃焼副生成物が上位に位置された。

A system to determine the hazardous priority of chemical substances in the environment was introduced, which evaluates the persistency, bioaccumulation and toxicity of chemicals. This report mentions the hazardous priority of the 75 endocrine disrupting like chemicals listed by the Environmental Agency, by using a scoring system proposed by the authors. As a result, pesticides, insecticides and by-products of incineration were ranked as highly hazardous.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 11(3), 232-237, 2000-05-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004547323
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    5373798
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ