超臨界二酸化炭素によるCCA処理木材からの金属抽出の可能性に関する基礎検討 A Study of Feasibility of Extracting Metals from CCA-treated Woods by Using Supercritical Carbon Dioxide

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

環境配慮型のCCA処理木材の処理技術の開発を目的に, 超臨界流体を用いて木材からの金属の抽出を試み, 温度, 圧力, 流速の影響について実験的に調べた。金属の抽出量は高温, 高圧, 低流速ならびにアセチルアセトンの添加により大きく増加することがわかった。アセチルアセトンの添加効果は, 木材中の金属の錯体形成によることが推測され, このことからキレート剤を含む超臨界二酸化炭素によりCCA処理廃材から金属の抽出の可能性が示された。

To develop an environmentally benign technique for treatment of CCA-treated wood, the effects of temperature, pressure, and flow rate on the extraction efficiency in the extraction of heavy metals by using supercritical CO<SUB>2</SUB>containing acetylacetone as a chelating agent were examined experimentally. It was found that high temperature, high pressure, and low flow rate greatly improved the extraction efficiency. Acetylacetone added as a chelating agent markedly enhanced the extraction yield, apparently due to the formation of metal-chelating compounds. This study suggests that metals contained in commercially used CCA-treated wood can be extracted by using supercritical CO<SUB>2</SUB>with acetylacetone.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 11(2), 94-100, 2000-03-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  27件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004547569
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    5333911
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ