スラグ・石炭灰・建設汚泥を利用した水硬性粒度調整スラグ(HMS)製造法に関する研究 Hydraulically and Mechanically Stabilized Slag(HMS) using Slag, Coal Ash and Construction Sludge

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

製鋼の際に発生する製鋼 (転炉・電気炉) スラグや溶銑予備処理スラグは膨張崩壊性を有し, そのままでは路盤材として利用するには不適当であるため, エージング処理を施して崩壊性を消失させることにより, 路盤材として一部利用されている。しかし, エージング処理により水浸膨張率を1.5%以下にすると水硬性が低下し, HMS (水硬性粒度調整スラグ) としての規格を満たさない場合が多い。<BR>そこで, 本研究では, 製鋼スラグに添加材として流動床燃焼石炭灰を加えることにより, 水硬性を維持しつつ膨張崩壊性を防止することの可能性を, 実験により検討した。<BR>さらに, 土木・建設工事などに伴い発生する建設発生土・建設汚泥に石炭灰を加えて固化し, その固化物をスラグへの添加材として利用することの可能性を同様に実験により検討した。<BR>いずれの場合も, HMSの基準に適合するものが作製できたことから, 処分に非常に困窮しているスラグ, 石炭灰, 建設発生土が同時に有効利用可能な方法として提案するものである。

In order to utilize the slag discharged in the steelmaking process, as road base course materials, several methods including : aging ; addition of chemicals ; and reducing the period of aging ; have been proposed to minimize the deteriorative expansion-disintegration property.<BR>However, slag in which the expansion potential has been minimized by these methods, would not satisfy the criteria of strength (unconfined compressive strength) to be used as base course (hydraulically and mechanically stabilized slag, 'HMS'), because these methods have a negative effect on the self-hardening property of slag.<BR>Thus, the purpose of this paper is to experimentally evaluate the effectiveness of a newly proposed method in which other by-products (coal ash and sludge discharged from construction work) are added to the slag, in order to minimize expansion potential, as well as to maintain strength development. Results of the expansion and unconfined compressive strength tests, show that the addition of fluidized bed combustion coal fly ash and construction sludge, is considered to be an effective method for improving the property of the slag, as well as enabling the utilization of the mixture for base course construction, as HMS.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 11(3), 117-125, 2000-05-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004547608
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    5373850
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ