加工硬化したAl-Mn-Mg合金の低温焼なましによる軟化に及ぼす分散粒子サイズの影響 Effect of dispersoids size on low temperature softening of work hardened Al-Mn-Mg aluminum alloys

この論文をさがす

著者

    • 江藤 武比古 ETO Takehiko
    • (株)神戸製鋼所アルミ・銅カンパニー技術部基礎研究室 Aluminum and Copper Research Section Kobe Steel, Ltd.

収録刊行物

  • 軽金属  

    軽金属 50(6), 272-275, 2000-06-30 

    軽金属学会

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004549184
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00069773
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04515994
  • NDL 記事登録ID
    5381318
  • NDL 雑誌分類
    ZP41(科学技術--金属工学・鉱山工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-284
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ