ヒューマンエラーと家電製品の安全性確保 Human Error and Product Safety for Electric Home Appliances

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p><tt><b>家電製品は,不特定多数のユーザーが取り扱うので,誤使用を前提とした安全性設計が必要である.この安全性設計を進めるための考え方,方法および手順について説明する. さらに,安全性設計のチェックには,既存の代表的なFMEA,FTAが広く用いられているが,誤使 用と製品安全の解析にはあまり向かない.また,潜在的な不安全要因の検出力も十分とはいえない.そこで,これらの技法をべ一スとして改善を行った新しい,安全性解析技法二つを紹介する。ここで </b></tt><tt><b>は,技法をより効果的に活用するためのポイントに重点をおいて述べる. </b></tt></p>

収録刊行物

  • 安全工学

    安全工学 39(1), 33-38, 2000-02-15

    安全工学会

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004562808
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00012812
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    05704480
  • NDL 記事登録ID
    5055308
  • NDL 雑誌分類
    ZM25(科学技術--科学技術一般--安全工学)
  • NDL 請求記号
    Z14-16
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ