IEC 61508が求める安全計装システム Safety Instrumented System (SIS) for IEC 61508

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p><tt><b>プロセスプラントに備えられている安全計装システムは,プラントのリスクを社会的許容水準にまで低減するための一っの手段として重要な役割を担っている.昨年成立した国際規格IEC61508では,その役割と機能を明確に規定しており,安全性が定量的に証明できることを求めている。欧米を中心に普及している安全計装システムは,この国際規格を念頭において設計されてきたので,この新しい規格に対しても事実上適合している.これらの安全計装システムはきわめてまれな作動要求時にも確実に働くために,通常の制御機器とは異なった観点で万全の自己診断をつねに実行しており,故障が潜在する確率をきわめて小さくしている.日本においてもプラントの安全をさらに向上させる手段として期待され</b></tt><tt><b>る. </b></tt></p>

収録刊行物

  • 安全工学

    安全工学 39(3), 173-178, 2000-06-15

    安全工学会

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004562932
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00012812
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    05704480
  • NDL 記事登録ID
    5369977
  • NDL 雑誌分類
    ZM25(科学技術--科学技術一般--安全工学)
  • NDL 請求記号
    Z14-16
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ