設備管理と異常時対応システム Maintenance and Emergency System

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p><tt><b>1986年度に発足した認定保安検査実施者の制度が,直接的に設備管理を利益に結びつけたために,化学・石油精製プラントの設備管理の質は近年飛躍的に向上している.しかし,一方では,競争の劇化に伴い,保全費の削減,オペレータ数の削減,保全部門の分社化などの逆風が吹き荒れている.したがって,従来のように,設計,製作,施工の不具合を設備管理に背負わせ,設備の不具合をオペレータに背負わせてプラントの安全を確保するという方法はとれなくなってきた。このような状況に適応するた</b></tt><tt><b>めに,設備管理と異常時対応システムを見直すことが本稿の目的である. </b></tt></p>

収録刊行物

  • 安全工学

    安全工学 39(4), 220-226, 2000-08-15

    安全工学会

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004562968
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00012812
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    05704480
  • NDL 記事登録ID
    5436577
  • NDL 雑誌分類
    ZM25(科学技術--科学技術一般--安全工学)
  • NDL 請求記号
    Z14-16
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ