環境管理におけるバイオアッセイの役割 Role of Bioassay in Environmental Management

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p><tt><b>環境中に残留する多数の微量化学物質にヒトや生態系が暴露される機会は今後とも増加すると予想され,環境リスクを回避するための包括的な化学物質管理体系の確立が求められている.化学物質の総括的影響を評価するバイオアッセイは既存の個別物質ごとの事後管理を補完する有力な環境管理の道具として期待されている.環境管理のためのバイオアッセィの役割,特徴,種類を述べ,さらに水環境管 </b></tt><tt><b>理,廃棄物管理への適用例を紹介する. </b></tt></p>

収録刊行物

  • 安全工学

    安全工学 39(4), 247-255, 2000-08-15

    安全工学会

参考文献:  27件中 1-27件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004562988
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00012812
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    05704480
  • NDL 記事登録ID
    5436591
  • NDL 雑誌分類
    ZM25(科学技術--科学技術一般--安全工学)
  • NDL 請求記号
    Z14-16
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ