安定体マンガンおよびDTPAによる体内^<54>Mnの除去 Removal of ^<54>Mn from the Mouse Body by Dilution with Stable Manganese and by Chelation with DTPA

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<SUP>54</SUP>Mnは原子炉内で生成する誘導放射性核種の一つであるが, <SUP>54</SUP>Mnの体外除去に関する研究はほとんど行われていない。本研究は, <SUP>54</SUP>Mnに適した除去方法を見いだすことを目的とした。安定体マンガンの腹腔内投与は, マウス体内からの<SUP>54</SUP>Mnの排泄を著しく促進した。その除去効果は, 0.3, 1, 3および10mg-Mn/kgでそれぞれ, 56, 67, 77および82%であった。また, 腹腔内投与された安定体マンガンも速やかに排泄された。安定体マンガンを経口投与した場合にも<SUP>54</SUP>Mnの除去効果は認められたが, マンガンの消化管吸収率が低いため, その効果は腹腔内投与したものよりは低かった。Ca-DTPAおよびZn-DTPAは, <SUP>54</SUP>Mnの投与1時間後に投与した場合には除去効果が認められたものの, 3時間以上経過した場合にはほとんど効果が認められなかった。また, Zn-DTPAの<SUP>54</SUP>Mn除去効果はCa-DTPAよりも低かった。以上の結果から, 安定体マンガンによる希釈法はDTPAによるキレート法よりも<SUP>54</SUP>Mn除去方法として有効であることが確認された。

<SUP>54</SUP>Mn <I>is one of the activation products generated in nuclear reactors. This study was carried out to find a method appropriate for the removal of</I> <SUP>54</SUP>Mn. <I>Intraperitoneal administration of stable manganese effectively promoted the excretion of</I> <SUP>54</SUP>Mn <I>from the mouse body. The efficacy for removing</I> <SUP>54</SUP>Mn <I>was estimated to be 56, 67, 77 and 82% for manganese doses of 0.3, 1, 3 and 10mg/ kg, respectively. Oral administration of stable manganese was also effective for the removal of</I> <SUP>54</SUP>Mn, <I>but the efficacy was inferior to that obtained by intraperitoneal administration because of low gastrointestinal absorption of manganese.</I> Ca<I>-DTPA and </I>Zn<I>-DTPA promoted the excretion of</I> <SUP>54</SUP>Mn <I>when administered 1</I> h<I> after administration of</I> <SUP>54</SUP>Mn, <I>but these chelating agents had little effect when administered after 3</I> h <I>or more.</I> Zn-<I>DTPA was less effective than</I> Ca-<I>DTPA. These results demonstrate that dilution with stable manganese is more effective than Chelation with DTPA for the removal of</I> <SUP>54</SUP>Mn <I>from the body.</I>

収録刊行物

  • Radioisotopes  

    Radioisotopes 48(6), 390-396, 1999-06-15 

    公益社団法人 日本アイソトープ協会

参考文献:  21件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004564488
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00351589
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00338303
  • NDL 記事登録ID
    4764172
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学) // ZN36(科学技術--原子力工学・工業) // ZP2(科学技術--化学・化学工業--物理化学) // ZS45(科学技術--医学--放射線医学)
  • NDL 請求記号
    Z15-20
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ