γ線照射による脂肪酸過酸化物の分解に対する抗酸化剤の抑制効果 Effect of Antioxidants on the Prevention of Gamma Radiation Induced Decomposition of Fatty Acid Hydroperoxide

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

不飽和脂肪酸およびそれらを結合する脂質類は自動酸化を受けて脂質過酸化物を生成するが, 過酸化物そのものの毒性は, これまで考えられてきたほど大きな問題ではなく, むしろその分解物が食品の劣化, 健康障害などに対して重大な問題となっている。そして著者らはそのような分解がビタミンE等の抗酸化剤によって効果的に抑制されることをすでに明らかにした。本研究ではγ線照射による不飽和脂肪酸過酸化物の分解および抗酸化剤によるその抑制について検討した。その結果, 50%分解線量は15kGyであり, また20kGy照射では98%が分解した。そしてこの分解は線量に依存した。フェノール性抗酸化剤を4.5mMの濃度で加えた場合, 15kGy線量で70%の過酸化物が分解しないで残存した。また, 20kGy線量では, ケルセチンを除く20mM濃度の抗酸化剤によって80%以上が分解せず残存することが明らかになった。

<I>Decomposition of fatty acid hydroperoxide is found to be proportional to the radiation dose. A dose of 20</I> kGy <I>was found to decompose the hydroperoxide by 98%. Addition of phenolic antioxidants at 4.5</I> mM <I>could not prevent the decomposition at 20</I> kGy <I>but the phenolic antioxidants at 20</I> mM <I>prevented the decomposition.</I>

収録刊行物

  • Radioisotopes  

    Radioisotopes 48(8), 509-513, 1999-08-15 

    公益社団法人 日本アイソトープ協会

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004564768
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00351589
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00338303
  • NDL 記事登録ID
    4829364
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学) // ZN36(科学技術--原子力工学・工業) // ZP2(科学技術--化学・化学工業--物理化学) // ZS45(科学技術--医学--放射線医学)
  • NDL 請求記号
    Z15-20
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ