CRT前面ガラス中の核種の放射能濃度と放射線量 Concentrations of Radioactive Nuclides Contained in the Front Glass of CRT and Radiation Doses

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 山本 久夫 YAMAMOTO Hisao
    • 産業医科大学アイソトープ研究センター Radioisotope Research Center, University of Occupational and Environmental Health
    • 法村 俊之 NORIMURA Toshiyuki
    • 産業医科大学医学部放射線衛生学教室 Department of Radiation Biology and Health, University of Occupational and Environmental Health

抄録

テレビジョンのCRT (cathode ray tube) 前面ガラス中に含まれている<SUP>40</SUP>K, トリウムおよびウランの放射能濃度を, γ線スペクトロメトリにより定量した。トリウムおよびウランについては, CRT製造者により約2倍も放射能濃度に差があることが示された。一方, <SUP>40</SUP>Kについては, いずれのCRTガラスについても濃度差はほとんどなかった。また, 得られたγ線スペクトルからCRT前面における線量を算定した結果, トリウムおよびウラン濃度が最も高いガラスでも表面から20cm以上離れれば自然放射線線量の1/10以下となり, 無視できるものであることがわかった。

<I>Concentrations of</I> <SUP>40</SUP>K, <I>thorium and uranium contained in the front glass of CRT (cathode ray tube) of television sets are measured by the γ-ray spectrometry. Although the obtained concentrations of thorium and uranium show the difference more than twice as much depending on the manufacturers, those of</I> <SUP>40</SUP>K <I>are almost equal for all CRTs. The dose rates are estimated for the CRT. Even the dose rate for the highest concentration of thorium and uranium is smaller than about one-tenth of that for the background radiations. It is practically negligible at a distance larger than 20 cm from the surface of the front glass of CRT.</I>

収録刊行物

  • Radioisotopes  

    Radioisotopes 48(8), 514-521, 1999-08-15 

    公益社団法人 日本アイソトープ協会

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004564781
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00351589
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00338303
  • NDL 記事登録ID
    4829374
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学) // ZN36(科学技術--原子力工学・工業) // ZP2(科学技術--化学・化学工業--物理化学) // ZS45(科学技術--医学--放射線医学)
  • NDL 請求記号
    Z15-20
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ