ピナツボ火山の1991年の噴火に起因すると推定される大気中の^<210>Pb濃度の一時的上昇-韓国ソウルにおける観測- A Temporal Increase in the Atmospheric ^<210>Pb Concentration Possibly Due to the 1991 Eruption of Pinatubo Volcano-An Observation at Seoul, the Republic of Korea-

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 佐藤 深 SATO Shin
    • 明治大学理工学部 Department of Industrial Chemistry, School of Science and Technology, Meiji University
    • 佐藤 純 SATO Jun
    • 明治大学理工学部 Department of Industrial Chemistry, School of Science and Technology, Meiji University

抄録

韓国ソウル市において大気中の<SUP>210</SUP>Pb濃度の一時的な上昇が1991年12月と1992年1月に観測された。この濃度の上昇は, 同時期のつくば市での観測と類似しており, フィリッピンのピナツボ火山の1991年の噴火に起因した成層圏内の<SUP>210</SUP>Pbとこの噴火で成層圏に送り込まれたエアロゾルの降下によるものと推定された。

<I>A temporal increase in the atmospheric concentration of</I> <SUP>210</SUP>Pb <I>was observed in December, 1991, and January, 1992, at Seoul, the Republic of Korea. This increase was estimated to be due to the fallout of the stratospheric</I> <SUP>210</SUP>Pb <I>originating from the 1991 eruption of Pinatubo volcano, Philippines, along with the aerosol particles injected into the stratosphere by the eruption. The present observation was similar to the previous observations made at Tsukuba Science City, Japan.</I>

収録刊行物

  • Radioisotopes  

    Radioisotopes 48(8), 522-529, 1999-08-15 

    公益社団法人 日本アイソトープ協会

参考文献:  39件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004564797
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00351589
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00338303
  • NDL 記事登録ID
    4829392
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学) // ZN36(科学技術--原子力工学・工業) // ZP2(科学技術--化学・化学工業--物理化学) // ZS45(科学技術--医学--放射線医学)
  • NDL 請求記号
    Z15-20
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ