飛跡検出器CR-39およびLR-115を用いたウラン, トリウム, α線放出系列核種, 鉱石中のラジウム実効含有量の定量, ならびに線量率の測定 Determination of Uranium, Thorium, Alpha-emitting Members and Effective Radium Contents of Some Ores and Dose Rates by CR-39 and LR-115 Nuclear Track Detectors

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

飛跡検出器CR-3928個およびLR-11520個を用いたα線オートラジオグラフィにより, エジプト東部砂漠地帯のいろいろな地点から得られた4タイプの鉱石 (cassetrite, chromite, galenaおよびpyrite) 中のウラン, トリウムおよびそれらの系列中のα放出体の濃度を推定した。また, これらの鉱石中の2種類 (galenaおよびpyrite) については, ラジウムの実効含有量とラドン放出係数も測定した。これら4種類の鉱石の<SUP>226</SUP>Raとその娘核種によるγ線照射線量率を4地点について計算した。

<I>Alpha-autoradiography technique (by using a total of 48 plastic samples, 28 of CR-39 and 20 of LR-115 nuclear track detectors) was applied for the estimation of the concentration of uranium, thorium, and alpha-emitting members of their series in four types of ores (cassetrite, chromite, galena, and pyrite) from different locations of the Eastern Desert in Egypt. Effective radium contents and radon emanation coefficients for two of these rocks (galena and pyrite) were also determined. Also the calculation of gamma ray exposure dose rates from these four ores arising from</I> <SUP>226</SUP>Ra <I>and its daughters were calculated for four different locations.</I>

収録刊行物

  • Radioisotopes  

    Radioisotopes 48(9), 557-566, 1999-09-15 

    公益社団法人 日本アイソトープ協会

参考文献:  24件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004564905
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00351589
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00338303
  • NDL 記事登録ID
    4837342
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学) // ZN36(科学技術--原子力工学・工業) // ZP2(科学技術--化学・化学工業--物理化学) // ZS45(科学技術--医学--放射線医学)
  • NDL 請求記号
    Z15-20
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ