容積線源に対するGe検出器のピーク効率の計算 Calculated Peak Efficiency of Ge Detector for Volume Source

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ゲルマニウム検出器内のγ線通過距離から計算されるピーク効率を数値積分することによって, 容積試料に対するピーク効率を決定する計算方法を開発した。この計算では, Ge結晶のサイズや不感層など検出器に関するいくつかのパラメータ, 容積試料のサイズと媒体の元素組成, および, 基準化のため1ないし2個の実測ピーク効率が必要である。この方法によって, いかなる媒体の容積試料に対しても自己吸収の補正を含むピーク効率を決定することができる。

<I>A calculation method to determine</I> γ-<I>ray peak efficiency was developed, which was based on numerical integration of peak efficiency calculated by</I> γ-<I>ray path length through a Ge detector. The calculation needs some physical parameters of a Ge detector, such as crystal size and dead layer thickness, sample size and elemental composition of sample matrix, and one or two experimentally obtained peak efficiency for normalization. The method determines peak efficiency including self-absorption correction for a volume source consisted of any kind of matrix.</I>

収録刊行物

  • Radioisotopes  

    Radioisotopes 48(10), 617-625, 1999-10-15 

    公益社団法人 日本アイソトープ協会

参考文献:  19件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004565045
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00351589
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00338303
  • NDL 記事登録ID
    4876507
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学) // ZN36(科学技術--原子力工学・工業) // ZP2(科学技術--化学・化学工業--物理化学) // ZS45(科学技術--医学--放射線医学)
  • NDL 請求記号
    Z15-20
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ