兵庫県内花崗岩地域を主とする河川水および飲料水中ウラン濃度 U Concentrations in River Waters and Drinking Waters Mainly at Granitic Areas in Hyogo Prefecture

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

兵庫県下の河川水および水道水のウラン濃度を調べた。県内大部分の地域で河川水のウラン濃度は検出限界0.02μg/kg以下であったが, 六甲山周辺および淡路島北部でウラン濃度の高い河川水が認められ, さらにウラン濃度とフッ素濃度には有意な相関が認められた。ウラン濃度の高い河川の分布する地域は六甲花崗岩および領家花崗岩の分布する地域と一致した。河川水のウラン濃度の高い原因は六甲花崗岩および領家花崗岩の地下水によると推定された。水道水の摂取に伴うウランによる年実効線量当量は, 過去には最高で1.5μSv/年 (1996年神戸市兵庫区) と推定されたが, その後ウラン濃度は減少し, 1997年12月以降は厚生省の指針値 (0.002mg/L) の半分以下で, 年実効線量当量は0.3μSv/年以下で推移している。

U<I>and fluorine in river waters and drinking waters were measured by ICP-MS and ion chromatography, respectively.</I>U<I>concentrations in the river waters were ranged from detection limit (0.02</I>μg/kg) <I>to 5.40</I>μg/kg.<I>High</I>U<I>and fluorine concentrations were found in the river water at Mt. Rokko and northern part of Awaji island consisting of geological features with Rokko and Ryoke granite. In another granitic areas and other areas, both</I>U<I>and fluorine concentrations were low values. We presumed that</I>U<I>in the river waters depends on the dissolution from rock at the sampling sites. On drinking water, high</I>U<I>were detected at Mt. Rokko and northern part of Awaji island, although the concentrations were lower values than the guidance level of the Ministry of Health and Welfare.</I>

収録刊行物

  • Radioisotopes  

    Radioisotopes 48(10), 626-634, 1999-10-15 

    公益社団法人 日本アイソトープ協会

参考文献:  19件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004565065
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00351589
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00338303
  • NDL 記事登録ID
    4876516
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学) // ZN36(科学技術--原子力工学・工業) // ZP2(科学技術--化学・化学工業--物理化学) // ZS45(科学技術--医学--放射線医学)
  • NDL 請求記号
    Z15-20
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ