1GHz級NMRマグネット内層コイルの開発 Development of an inner coil for a 1 GHz NMR magnet

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 木吉 司 KIYOSHI Tsukasa
    • 金属材料技術研究所強磁場ステーション Tsukuba Magnet Laboratory, National Research Institute for Metals
    • 和田 仁 WADA Hitoshi
    • 金属材料技術研究所強磁場ステーション Tsukuba Magnet Laboratory, National Research Institute for Metals

抄録

科学技術庁金属材料技術概究所強磁場ステ-ションでは,1GHz級NMRマグネットの開発が進行中である.このマグネットは金属系超伝導材料による外層コイルで21.lTを発生する.さらに,その内側に内鷹コイルを組み込み, 54mmØの室温ボアにプロトンの共鳴周波数1GHzに対応する23.5T;を発生する誹画である.このマグネットは超伝導マグネットとして世界最高の磁場を発生するだけ.でなく,NMR計測のために非鴬に高い磁場の均-度と安定度が要求ざれる.特に,内層コイルは従来の磁場発生限界を超えた環境で使用されることからきびしい技術的問題が存在する.本稿では,内層コイルの満足すべき条件を明らかにするとともに,現在その候補材料として研究されているBi系酸化物線材を中心に,その実現の可能性について議論する.

収録刊行物

  • 應用物理  

    應用物理 67(4), 431-434, 1998-04-10 

    The Japan Society of Applied Physics

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004566333
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00026679
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03698009
  • NDL 記事登録ID
    4446332
  • NDL 雑誌分類
    ZM17(科学技術--科学技術一般--力学・応用力学)
  • NDL 請求記号
    Z15-243
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ