プラスチックシンチレーションファイバーを用いた線量分布測定 -医療用三次元深部線量分布- Medical measurement of three dimensional depth dose profile using the plastic scintillation fiber block

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

電子ライナックを用いたがん治療に利用でき,そして深部での級収線量分布を測定できる,深部線量測定装置を開発した.プラスチックシンチレーションファイバーを積み重ねて作られたファイバーブロックの放射線による発光をGODカメラにより観測し,その輝度分布から深部線量分布を測定ずるのが特徴である.この測定装置により,従来数時間かけて行っていたものが約5分でできるようになった.

収録刊行物

  • 應用物理  

    應用物理 67(6), 682-686, 1998-06-10 

    The Japan Society of Applied Physics

参考文献:  3件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004566898
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00026679
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03698009
  • NDL 記事登録ID
    4474700
  • NDL 雑誌分類
    ZM17(科学技術--科学技術一般--力学・応用力学)
  • NDL 請求記号
    Z15-243
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ