(半導体ヘテロ接合の基礎) ヘテロ界面とバンド不連続 Heterointerface and band discontinuity

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 竹田 美和 TAKEDA Yoshikazu
    • 名古屋大学工学研究科材料機能工学専攻 Department of Materials Science and Engineering, Graduate School of Engineering, Nagoya University

抄録

第1回のヘテロ接合入門に続いて,第2回では,ヘテロ接合で最も重要な界面におけるバンド不連続について述べる.その際,ヘテロ接合がバンドの相対的な高さによってまず分類されること,そしてバンド不連続に対してどのようなモデルが考えられてきたかを紹介し,比較検討する.また,バンド不連続の測定法についても紹介し,その解析上の問題点を考える.

収録刊行物

  • 應用物理  

    應用物理 67(9), 1077-1081, 1998-09-10 

    The Japan Society of Applied Physics

参考文献:  29件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004567592
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00026679
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03698009
  • NDL 記事登録ID
    4550357
  • NDL 雑誌分類
    ZM17(科学技術--科学技術一般--力学・応用力学)
  • NDL 請求記号
    Z15-243
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ