DASによる1次・2次溶融痕の判別に関する研究 Study on Discrimination between Primary and Secondary Molten Marks by DAS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 関 勉 [他] SEKI Tsutomu
    • 通産省製品評価技術センター北関東支所 Kitakanto Regional Office, National Institute of Technology and Evaluation
    • 今田 修二 IMADA Shuji
    • 通産省製品評価技術センター北関東支所 Kitakanto Regional Office, National Institute of Technology and Evaluation
    • 矢代 勲 YASHIRO Isao
    • 通産省製品評価技術センター北関東支所 Kitakanto Regional Office, National Institute of Technology and Evaluation

抄録

火災現場の溶融痕からは,しばしば酸化組織が認められる。しかしながら,この酸化組織が,火災の原因になったもの(1次溶融痕)か,通電状態で火災になって短絡してできたもの(2次溶融痕)かを鑑定する方法は確立されていない。そこで,酸化組織のDAS(Dendrite Arm Spacing)と酸素濃度により溶融痕の生成時の雰囲気温度が推定できるかを検討した。本研究を通じて,(1)溶融痕の酸化組織のDASは酸素濃度と冷却濃度の関数であること,(2)溶融痕の酸化組織は火災に暴露されても再溶融しない限りは変化しないこと,(3)溶融痕の中の酸素濃度とDASを測定することにより溶融痕生成時の雰囲気温度が推定できることが明らかになった。<br>(オンラインのみ掲載)

The oxidation structure in an EMM (Electric Molten Mark) has been often observed in electric wire of fire scene. However, the technique to distinguish between the primary molten mark which is the cause of the fire and the secondary one which is produced in the fire, by observation of oxidation structure, has not been confirmed yet. <br>In this study, we examined to estimate the surrounding temperature at the formation of an EMM by DAS (Dendrite Arm Spacing) and oxygen concentration in oxidation structure. <br>The results were as follows; The DAS was dependent on functions of oxygen concentration and cooling rate. The oxidation structure in an EMM, even if it was exposed in fire again, did not change as long as it was not re-molten state. The surrounding temperature at the formation of an EMM was estimated by measuring DAS and oxide concentration.

収録刊行物

  • 日本火災学会論文集  

    日本火災学会論文集 50(1), 1-12, 2000-06-30 

    Japan Association for Fire Science and Engineering

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004570354
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0018688X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    05460794
  • NDL 記事登録ID
    5489062
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-105
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ