区画火災温度予測のための合成換気パラメータ A Formula for the Equivalent Ventilation Parameter for Use in Calculation of the Fully Developed Fire Temperatures

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

複数開口の合成換気パラメータを導くため火災区画への流入空気の質量流量を算定する近似式を提案した。まず,中性帯高さを各開口の鉛直位置を面積に応じて加重平均した高さにより近似し流入空気量を算定する近似式を導いた。数値計算による精算解との比較により,この近似は,上部と下部の開口面積がほぼ等しければよい近似となり,上下のどちらかの面積が極端に大きいときでも流入空気量を過剰に見積もることが可能であることが示された。本研究で導いた近似式は複数開口の合成換気パラメータの算出に利用でき,単一開口を有する火災区画の盛期火災温度算定用の簡易式や図表を利用して,複数の開口を有する火災区画の盛期火災温度を算定することが可能となる。<br>(オンラインのみ掲載)

A simple formula has been proposed to calculate the equivalent ventilation parameter of multiple openings. The formula intends to be used as a part of engineering fire resistance design, where the fully developed fire temperature is characterized by fuel load, compartment size, thermal inertia of enclosure walls and ventilation parameter of the compartment opening. As most of the existing approaches assume a single opening in a fire compartment, the equivalent ventilation parameter has to be evaluated prior to using these models. In this study, a simple, closed form formula was developed to calculate the equivalent ventilation parameter that gives same (or conservative) amount of airflow rate into fire compartment. The reasonable agreement of the formula was checked against numerical results changing the aspect ratios and area fractions of the windows in a wide range.

収録刊行物

  • 日本火災学会論文集

    日本火災学会論文集 49(2), 35-42, 1999-12-25

    日本火災学会

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004570478
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0018688X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    05460794
  • NDL 記事登録ID
    4945493
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-105
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ