ナノカロリメトリ Nanocalorimetry

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

マイクロメカニカル・カロリメトリは,AFM用カンチレバーの「バイメタル」効果による曲がりを温度検出に用いることにより,非常に高い感度と時間分解能を実現した熱量測定法である。検出可能な熱の最小量は,理論的には20fJ程度とされており,時間分解能は,通常のAFMカンチレバーを用いた場合,0.5ms程度である。この手法を<i>n</i>-アルカンの回転相転移測定に用い,7pgのトリコサンが発した0.5nJの転移熱を0.5msの時定数でとらえることに成功した。カンチレバー上の温度分布や空気の影響を考慮した熱の定量方法についても議論した。

A new type of calorimetry which uses a micromechanical probe as a "bimetallic" temperature sensor is reviewed. The calorimetry has a theoretical heat detection limit of the order of 20fJ and a time resolution of 0.5ms. In the investigation of rotator phase transitions of <i>n</i>-alkanes, we obtained a heat sensitivity of 0.5nJ for a sample mass of 7pg with a time resolution of 0.5ms. Methods for precise quantification of the transition enthalpies are discussed.

収録刊行物

  • 熱測定 : netsu = Calorimetry and thermal analysis  

    熱測定 : netsu = Calorimetry and thermal analysis 27(1), 30-38, 2000-01-15 

    Japan Society of Calorimetry and Thermal Analysis

参考文献:  27件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004570922
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00199597
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03862615
  • NDL 記事登録ID
    4962866
  • NDL 雑誌分類
    ZM15(科学技術--科学技術一般--測定・測定器)
  • NDL 請求記号
    Z14-694
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ