国際温度目盛の課題と現状 Present Status towards Revision of the International Temperature Scale of 1990

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

1990年国際温度目盛についての現状と指摘されている問題点とその背景を述べる。現在まで,ITS-90の致命的な欠陥は指摘されていないが,熱力学温度とのずれが報告されはじめている。また,白金抵抗温度計を補間計器とする温度領域のうち,660℃以上の高温域での温度計の個体差が予想以上に大きい可能性があることが指摘されている。国際温度目盛の低温域の拡張を目的に,<sup>3</sup>Heの融解曲線を使った1K以下1mKまでの暫定目盛の設定が準備されている。

The ITS-90 survived for about 10 years without any fetal defects, except a few trivial ones, such as the data in the conversion table from ITPS-68 to ITS-90 in the range from 660°C to 962°C. In this article is explained the present status towards the revision of the ITS-90, including differences between the ITS-90 and thermodynamic temperatures measured by filter radiation thermometers and acoustic thermometers, non-uniqueness of high temperature platinum thermometers, and a new provisional scale below 1K.

収録刊行物

  • 熱測定 : netsu = Calorimetry and thermal analysis  

    熱測定 : netsu = Calorimetry and thermal analysis 26(5), 186-193, 1999-11-01 

    Japan Society of Calorimetry and Thermal Analysis

参考文献:  33件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004571811
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00199597
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03862615
  • NDL 記事登録ID
    4983844
  • NDL 雑誌分類
    ZM15(科学技術--科学技術一般--測定・測定器)
  • NDL 請求記号
    Z14-694
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ