乳腺腫瘍におけるFDG-PET検査の有用性と医療経済効果-アンケート調査の集計結果による検討- The Clinical and Economic Efficacy of FDG-PET in the Diagnosis and Management of Breast Canter-An Analysis Based on the Results of Questionnaire-

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

日本アイソトープ協会医学薬学部会サイクロトロン核医学利用専門委員会PETワーキンググループにおいて, 乳腺腫瘍のFDG-PET検査の臨床的有用性についての全国アンケート調査を行い, 回答が得られた3施設の結果をまとめ, 本検査の医療経済効果についても検討した。対象はステージ診断49例, 良悪性鑑別診断75例, 再発診断7例, スクリーニング4例, 治療評価10例で, 結果はステージ診断では正診率94% (T1群でのみ偽陰性) と高く, 腋窩リンパ節診断は正診率85%であった。転移診断は有効な情報をステージ決定にもたらし, 潜在癌検出にも有効であった。本検査を腋窩リンパ節診断に導入し医療経済効果を試算すると, 転移がない場合, 腋窩リンパ節郭清手術を乳房温存療法適用患者の約半数で免れることが可能であり, これにより年間16億円 (57143円/患者/年) の医療費の節約が実現可能になると期待された。

<I>This study was performed by the PET working group under Japan Radioisotope Association. On the basis of the results of survey, clinical and economic efficacy of PET using 2-</I> [F-18] -<I>fluoro-2-deoxy</I>-D-<I>glucose (FDG) in the diagnosis and management of breast cancer was analysed retrospectively.</I><BR><I>The accuracy of FDG-PET resulted in high value (94%) in the regional stage of breast cancer. FDG-PET also could potentially detect axillary lymph node metastases and the accuracy was 85%. By reducing axillary lymph node dissection in the nearly 50% of candidates for breast conservation therapy with negative PET scans, FDG-PET would be expected to save 1.6 billion yen per year.</I>

収録刊行物

  • Radioisotopes  

    Radioisotopes 49(2), 51-57, 2000-02-15 

    公益社団法人 日本アイソトープ協会

参考文献:  21件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004587521
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00351589
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00338303
  • NDL 記事登録ID
    5258566
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学) // ZN36(科学技術--原子力工学・工業) // ZP2(科学技術--化学・化学工業--物理化学) // ZS45(科学技術--医学--放射線医学)
  • NDL 請求記号
    Z15-20
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ