結腸・直腸癌再発の診断におけるFDG-PETの有用性と医療経済効果-アンケート調査の結果に基いた検討- Diagnostic Accuracy and Cost-Effectiveness of FDG-PET in Recurrent Colorectal Carcinoma-An Analysis Based on the Results of Questionnaire

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 伊藤 健吾 ITO Kengo
    • 国立中部病院長寿医療研究センター生体機能研究部 Department of Biofunctional Research, National Institute for Longevity Sciences
    • 加藤 隆司 KATO Takashi
    • 国立中部病院長寿医療研究センター生体機能研究部 Department of Biofunctional Research, National Institute for Longevity Sciences
    • 稲垣 弘 [他] INAGAKI Hiroshi
    • 国立中部病院長寿医療研究センター生体機能研究部 Department of Biofunctional Research, National Institute for Longevity Sciences
    • 中本 裕士 NAKAMOTO Yuji
    • 京都大学大学院医学研究科核医学・画像診断学 Department of Nuclear Medicine and Diagnostic Imaging Kyoto University Graduate School of Medicine
    • 小西 淳二 KONISHI Junji
    • 京都大学大学院医学研究科核医学・画像診断学 Department of Nuclear Medicine and Diagnostic Imaging Kyoto University Graduate School of Medicine
    • 飯田 昭彦 IIDA Akihiko
    • 名古屋市総合リハビリテーションセンター放射線診療科 Department of Radiology, Nagoya Rehabilitation Center

抄録

日本アイソトープ協会医学薬学部会サイクロトロン核医学利用専門委員会・PETワーキンググループでは結腸・直腸癌の再発診断におけるFDG-PET検査について国内各施設での現状をアンケート調査し, PETの有用性と医療経済効果の検討を行った。アンケートの結果, 全国6施設から計104例の症例が集積され, 正診率96.2 (偽陽性2例と偽陰性2例を含む) でPETの高い診断能が再確認された。この結果をもとにFDG-PETの医療経済効果を評価した。その結果, FDG-PETを用いることにより, これまでのPETを用いない診断と比べて不必要な根治目的の手術を50%減少させることが可能で, 日本全体で年間658071万円の医療費の節約を期待できることがわかった。

<I>This study was done by the PET working group under Japan Radioisotope Association. The usefulness of</I> [<SUP>18</SUP>F] <I>fluorodeoxyglucose (FDG) -PET in detecting local recurrence of colorectal carcinoma was investigated retrospectively, by the results of questionnaire. Six institutions participated in this study. One hundred and four cases were analyzed to calculate the diagnostic accuracy. The accuracy of FDG-PET in detecting local recurrence of colorectal carcinoma was 96.2%, with two false positive and two false negative cases. We also evaluated the cost-effectiveness of FDG-PET in staging recurrent colorectal carcinoma based on the results of questionnaire. FDG-PET reduced unnecessary radical surgery by 50% in comparison with that in the conventional protocol without PET, and the net savings were about 6.6 billion yen per year in Japan.</I>

収録刊行物

  • Radioisotopes  

    Radioisotopes 49(2), 58-64, 2000-02-15 

    公益社団法人 日本アイソトープ協会

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004587543
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00351589
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00338303
  • NDL 記事登録ID
    5258760
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学) // ZN36(科学技術--原子力工学・工業) // ZP2(科学技術--化学・化学工業--物理化学) // ZS45(科学技術--医学--放射線医学)
  • NDL 請求記号
    Z15-20
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ