容積試料におけるγ線自己吸収の補正法 Correction Methods of γ-Ray Self-absorption in Bulk Sample

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

γ線スペクトロメトリにおける容積線源の自己吸収補正法として, 5種類の方法について検討した。線減弱係数がおよそ0.1cm<SUP>-1</SUP>より大きい場合は自己吸収補正係数に数%程度の相違が生じることがあるが, 4種類の補正法に大きな差はなかった。その中の一つの方法では, 標準線源の測定が不要であり, 簡単な計算にもかかわらず結果は妥当であった。減弱係数が大きい場合は, 自己吸収の割合はGe結晶の直径に多少依存することが示された。

<I>Five methods of γ-ray self-absorption correction for bulk sample were investigated. It was clarified that there is no significant difference in quality among four methods, except for one method, while a few percents of discrepancy were observed in case of larger value of attenuation coefficient than 0.1</I> cm<SUP>-1</SUP>. <I>One of those methods is recommended for practical γ-ray spectrometry on account of the simple calculation method and no experimental data needed. Self-absorption for low energy γ-rays with high attenuation coefficient was a little dependent on Ge crystal diameter.</I>

収録刊行物

  • Radioisotopes  

    Radioisotopes 49(4), 189-198, 2000-04-15 

    公益社団法人 日本アイソトープ協会

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004587777
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00351589
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00338303
  • NDL 記事登録ID
    5347756
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学) // ZN36(科学技術--原子力工学・工業) // ZP2(科学技術--化学・化学工業--物理化学) // ZS45(科学技術--医学--放射線医学)
  • NDL 請求記号
    Z15-20
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ