体内放射能を想定したγ線サムピーク法による 崩壊率測定とその応用 Activity Measurement by Using γ-Ray Sum Peak Method Considering Intake Radioactivity and Its Application

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

事故時における外部および内部被曝線量の測定は重要である。外部被曝は線量計により測定可能であるが, 内部被曝は直接測定できないので, 一般には体内摂取放射能の推定値より計算される。直接測定におけるヒューマンカウンタの検出効率は不可欠であるが, 非一様分布に対してはその値を決定する有効な手法はない。ここでは摂取直後など拡散していない場合を考慮して, カスケードγ放出体にγ線サムピーク法を試みた。<SUP>46</SUP>Scと<SUP>60</SUP>Co線源の崩壊率を4πβ-γ同時計測法で決定した後, 種々の位置でγ線スペクトルを測定した。サムピーク法で計算した崩壊率は同時計測法での値と10%以内で一致した。限られた条件ではあるが, 複数の線源に対しても同様の結果が得られた。また, 応用として他の核種が混在している場合についても検討した。あらかじめ測定したピーク対トータル比を用いて, ピーク強度のみから崩壊率を決定した。この場合, 得られた結果は20%程度の系統的不確かさを示した。

<I>It is important to measure external and internal exposure dose in the case of accident. The external exposure can be measured by various dosimeters, but the internal exposure is usually calculated from estimated amounts of intake radioactivity because of difficulty of direct measurement. Detection efficiency of human counter used in direct measurement is necessary, but there is no effective method to determine it for non-uniform distribution. The γ-ray sum peak method is tried for the cascade γ-ray emitter under the consideration of small diffusion such as just after intake. After disintegration rates of sources of</I> <SUP>46</SUP>Sc <I>and</I> <SUP>60</SUP>Co <I>were determined by 4πβ-γ coincidence method, γ-ray spectra were measured at various positions. Calculated disintegration rates by sum peak method agreed with those by coincidence method within 10%. The similar results were obtained for distributed plural sources in restricted condition. It is also investigated as application for the case that the other nuclide is contained in it. Using peak-to-total ratios measured in advance, the disintegration rates were determined only from the peak intensities. In this case the results had systematic uncertainty of about 20%.</I>

収録刊行物

  • Radioisotopes  

    Radioisotopes 49(5), 253-259, 2000-05-15 

    公益社団法人 日本アイソトープ協会

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004587902
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00351589
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00338303
  • NDL 記事登録ID
    5340784
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学) // ZN36(科学技術--原子力工学・工業) // ZP2(科学技術--化学・化学工業--物理化学) // ZS45(科学技術--医学--放射線医学)
  • NDL 請求記号
    Z15-20
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ