三置換芳香族化合物の反応性の同時解析-固気系でのT-for-H交換の利用- Simultaneous Analysis of the Reactivety of Trisubstituted Aromatic Compounds-Use of Hydrogen-Isotope Exchange in a Gas-Solid System-

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 今泉 洋 IMAIZUMI Hiroshi
    • 新潟大学工学部化学システム工学科 Department of Chemistry and Chemical Engineering, Faculty of Engineering
    • 狩野 直樹 KANO Naoki
    • 新潟大学工学部化学システム工学科 Department of Chemistry and Chemical Engineering, Faculty of Engineering

抄録

一つの分子中に三つの官能基を有する芳香族化合物の反応性を, 官能基別に明らかにすることを目的とし, 二置換フェノールとトリチウム水蒸気 (HTO蒸気) との間で起こる水素同位体交換反応 (T-for-H exchange reaction) を, 固気系において速度論的に観測した (50, 60, 70℃) 。その結果得られた観測値は時間の増加とともに増加し, T-for-H交換反応が起こったことがわかった。これらのデータに.<I>A″</I>-McKayプロット法を適用して速度論的にこの反応を解析した結果, この反応における各官能基の速度定数 (<I>k</I>) が得られた。これらの<I>k</I>と以前得られたkとを相互比較した。また, 本研究で得られたkにHammett則の加成性を適用し, 新たな値を算出した。その値を, 以前得られたHammettプロット上に載せた。以上の結果から, 次のことが明らかになった。 (1) 本研究での手法を使うと, 互いに異なる官能基の反応性を相互比較できる。 (2) これらの官能基の反応性を速度論的に解析することができ, その解析には<I>A″</I>-McKayプロット法が有効である。 (3) これらの官能基の反応性の定量比較には, 有機化学の分野で物質の化学反応性を比べるのに用いられているHammett則の加成性が適用できる。 (4) これらの官能基の反応性をT-for-H交換反応を使って, 同時に (変化させないで) 解析することができる。 (5) 本研究で使った手法は, 多種の官能基を有する化合物の反応性を官能基別に解析するのに有効である。

<I>In order to reveal the reactivity of each functional group in the compound having three functional groups per molecule, the hydrogen-isotope exchange reaction</I> (T-<I>for</I>-H <I>exchange reaction) between disubstituted phenol and tritiated water vapor</I> (HTO <I>vapor) was dynamically observed at 50, 60, and 70°C in a gas-solid system. The data obtained in the observation increased with increasing observed time, and it was found that</I> T-<I>for</I>-H <I>exchange reaction occurred. Applying the A″-McKay plot method to the data obtained, the reaction was dynamically analyzed. The rate constant (k) of each functional group for the reaction was consequently obtained. These k's obtained and k's obtained previously were compared with each other. When the additive property of the Hammett rule was applied to the k's obtained in this work, the new substituent constants were obtained. The new constants were fitted on the Hammett plot obtained previously. From the above-mentioned, the following five matters have been clarified. (1) The reactivity of different functional groups can be compared with each other by applying the method used in this work. (2) The reactivity of the functional groups can be dynamically analyzed, and the A″-McKay plot method is useful to analyze the reactivity. (3) The additive property of the Hammett rule, which is generally used in the field of organic chemistry in order to compare the chemical reactivity of organic materials, is applicable to quantitative comparison of the reactivity of the functional groups. (4) The reactivity of the functional groups can be simultaneously (and unchangeably) analyzed by using the</I> T-<I>for</I>-H <I>exchange reaction. (5) The method used in this work is useful to analyze the reactivity of a material having many kinds of functional groups.</I>

収録刊行物

  • Radioisotopes  

    Radioisotopes 49(6), 285-291, 2000-06-15 

    日本アイソトープ協会

参考文献:  19件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004587984
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00351589
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00338303
  • NDL 記事登録ID
    5408061
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学) // ZN36(科学技術--原子力工学・工業) // ZP2(科学技術--化学・化学工業--物理化学) // ZS45(科学技術--医学--放射線医学)
  • NDL 請求記号
    Z15-20
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ