固体高分子電解トリチウム濃縮におけるメモリ効果の解決法 A Solution to Memory Effect Problem in Solid Polymer Electrolysis for Tritium Enrichment

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

固体高分子電解質トリチウム濃縮装置では, 測定値から試料水トリチウム濃度を計算するために装置定数を必要とする。このような装置定数は年に2回程度, 約10Bq kg<SUP>-1</SUP>の標準トリチウム水を使用して決定される。標準トリチウム水を電解濃縮した直後には, 濃縮装置に検出限界 (20mBq) を超える50-80mBqのトリチウムメモリ効果が認められた。メモリ効果の検出量は, 標準水が濃縮され拡散によって拘束水として高分子電解質膜中に残留したものと考えた量に相当した。濃縮装置に蒸留水 (1Bq kg<SUP>-1</SUP>以下) を満たし, 0.5-1A程度の小電流を2日間以上, 流すことによって拘束水を希釈し, メモリ効果問題を解決できることが明らかとなった。この措置はメモリ効果の他にも陰極の酸化抑制という観点からも好ましい。

<I>The solid polymer electrolysis apparatus for tritium enrichment requires the enrichment factor to calculate the tritium concentration in sample water measured. Standard tritium water, with the initial concentration of approximately 10</I>Bq kg<SUP>-1</SUP>, <I>was thus used twice a year to determine the enrichment factor. We found a tritium memory effect of 50-80</I>mBq, <I>which was much than the detection limit (20</I>mBq), <I>after enrichment of the standard water. The observed memory effect corresponded to the level explained by the residue of enriched standard water restrained in the polymer electrolyte membrane. We found that the restrained tritium water is diluted by filling the apparatus with distilled water</I> (<<I>1</I> Bq kg<SUP>-1</SUP>) <I>and electrolyzing it over 2 days with low electrolysis current (0.5-1</I> A), <I>and memory effect problem can be solved. This method is recommended since it is effective not only to memory effect problem but also in protecting cathode.</I>

収録刊行物

  • Radioisotopes  

    Radioisotopes 49(7), 333-338, 2000-07-15 

    公益社団法人 日本アイソトープ協会

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004588107
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00351589
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00338303
  • NDL 記事登録ID
    5406487
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学) // ZN36(科学技術--原子力工学・工業) // ZP2(科学技術--化学・化学工業--物理化学) // ZS45(科学技術--医学--放射線医学)
  • NDL 請求記号
    Z15-20
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ