Bolton-Hunter試薬による糖蛋白質結合リポソームの^<125>I標識率の改善とマウス生体内動態への影響 Improvement of Labeling Efficiency of Glycoprotein-Liposome Conjugates with Iodine-125 by Using Bolton-Hunter Reagent and Their Distribution in Mice

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 山嵜 登 YAMAZAKI Noboru
    • 通信省工業技術院物質工学工業技術研究所有機材料部有機機能設計研究室 Department of Organic Materials, National Institute of Materials and Chemical Research
    • 小島 周二 KOJIMA Shuji
    • 東京理科大学生命科学研究所 Research Institute for Biological Sciences, Science University of Tokyo

抄録

著者らはすでに, 機能性複合糖質の代表格である細胞膜面上の糖蛋白質の糖鎖機能を模倣した新規なドラッグデリバリーシステムの開発を目指して, 蛋白質を介したリポソームへの糖鎖の導入方法を検討し, リポソーム膜面上に結合した糖蛋白質の糖鎖構造改変とレクチン結合活性ならびに体内動態特性との関連について明らかにしてきた。これまでの体内動態実験では, <SUP>125</SUP>I標識複合体を用いてきたが, 通常, 糖蛋白質の<SUP>125</SUP>I標識率はきわめて低いため, その<SUP>125</SUP>I標識率を高めるための工夫が必要となってきた。そこで, 本研究ではBolton-Hunter試薬 (以下, BHRと略す) を用いて, 標識率の改善を試みるとともに, レクチン結合活性および生体内動態への影響について検討した。一般的には先にBHRを<SUP>125</SUP>I標識し, <SUP>125</SUP>I-BHRを蛋白質に導入する方法をとるが, 今回は先にリポソーム中のアミノ基にBHRを反応させ, p-ヒドロキシフェニルプロピル基を導入した後にクロラミンT法による<SUP>125</SUP>I標識を行う方法をとった。結果として, BHR処理により複合体の<SUP>125</SUP>I標識率は顕著に上昇した。また, BHR処理による複合体のレクチン結合活性への影響は見られなかった。しかしながら, 生体内動態は両者で顕著な差が見られた。すなわち, 肝臓への取込みが高まり, その結果腎臓への排泄が速められた。<BR>以上の結果より, 糖蛋白質結合リポソームの放射性ヨード標識には, 新たなる方法を開発する必要があろう。

<I>We have developed a new type of glycoprotein-liposome conjugates and examined their potential utilities as drug-targeting carriers which exploit cellular functions. of carbohydrate-binding proteins, i.e. animal lectins. An extremely low labeling efficiency, however, has been often a big problem in biodistribution study by using radiolabeled glycoprotein-liposome conjugates. In this study, improvement of the labeling efficiency was conducted by using Bolton-Hunter Reagent (BHR) . First, tyrosyl groups were introduced into liposome membrane through amines of a constitutive phospholipid, dipalmitoylphosphatidlethanolamine (DPPE) . Then, glycoprotein-tyrosyl group introduced liposomes were iodinated with</I> <SUP>125</SUP>I <I>according to Chloramine-T methods.</I><BR><I>Labeling efficiency was markedly elevated in comparison with the BHR-untreated liposome conjugates. There was no significant changes in binding activity of BHR-treated glycoprotein-liposome conjugates with lectin. However biodistribution of glycoprotein-tyrosyl group introduced liposomes in mice was significantly different from the mother conjugates.</I><BR><I>Thus, another suitable method for radioiodination of the glycoprotein-liposome conjugates should be developed.</I>

収録刊行物

  • Radioisotopes  

    Radioisotopes 49(7), 339-345, 2000-07-15 

    公益社団法人 日本アイソトープ協会

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004588112
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00351589
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00338303
  • NDL 記事登録ID
    5406541
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学) // ZN36(科学技術--原子力工学・工業) // ZP2(科学技術--化学・化学工業--物理化学) // ZS45(科学技術--医学--放射線医学)
  • NDL 請求記号
    Z15-20
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ