海洋生物中のウランの濃度と濃縮係数 The Concentrations of Uranium in Marine Organisms

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 松葉 満江 MATSUBA Mitsue
    • 放射線医学総合研究所那珂湊放射生態学研究センター Laboratory for Radioecology, National Institute of Radiological Sciences
    • 石井 紀明 ISHII Toshiaki
    • 放射線医学総合研究所那珂湊放射生態学研究センター Laboratory for Radioecology, National Institute of Radiological Sciences
    • 中村 良一 NAKAMURA Ryoichi
    • 放射線医学総合研究所那珂湊放射生態学研究センター Laboratory for Radioecology, National Institute of Radiological Sciences
    • 渡部 輝久 WATABE Teruhisa
    • 放射線医学総合研究所那珂湊放射生態学研究センター Laboratory for Radioecology, National Institute of Radiological Sciences
    • 平野 茂樹 HIRANO Shigeki
    • 放射線医学総合研究所那珂湊放射生態学研究センター Laboratory for Radioecology, National Institute of Radiological Sciences

抄録

誘導結合プラズマ質量分析法を用いて61種の海洋生物中のウラン濃度を定量するとともに沿岸水も分析して被曝線量推定に重要なパラメータである濃縮係数を算定した。<BR>海洋動物の軟組織中においてウラン濃度は, 湿重量当たり0.077から5040ng/g生の範囲にあり, 生物種の違いや部位でウラン濃度が大きく異なった。頭足類のエラ心臓には高濃度のウランが含まれていた。特にマダコのエラ心臓が最も高い値を示したが, 沿岸水のウラン濃度の平均値は3.1ng/mlであったので濃縮係数は1.6×10<SUP>3</SUP>と計算された。海産魚の硬組織中のウラン濃度は軟組織よりも高く, 硬組織の存在割合が個体中のウラン濃度を支配していると考えられた。海藻中のウラン濃度は湿重量当たり2.0-310ng/g生の範囲にあったが, ワカメが最も高い値を示し濃縮係数は10<SUP>2</SUP>と計算された。

<I>Determination of uranium in sixty-one species of marine organisms was carried out by inductively coupled plasma mass spectrometry to obtain concentration factors and to estimate the internal radiation dose. The concentrations of uranium in soft tissues of marine animals were ranged from 0.077 to 5040</I> ng/g <I>wet wt. Especially, the branchial heart of cephalopod molluscs showed the specific accumulation of uranium. The concentration factor of the branchial heart of Octopus vulgaris, which indicated the highest value, was calculated to be about 1.6×10<SUP>3</SUP>, comparing with that (3.1</I> ng/ml) <I>in coastal seawaters of Japan. The concentrations of uranium in hard tissues of marine invertebrates such as clam and sea urchin were similar to those in soft tissues. In contrast, hard tissues like bone, scale, fin, etc. of fishes showed much higher concentrations of uranium than soft tissues like muscle. The concentrations of uranium of twenty-two species of algae were ranged from 2 to 310</I> ng/g <I>wet wt. Particularly, the brown alga Undaria pinnatifida showed the highest value of the uranium content in the algae and its concentration factor was calculated to be 10<SUP>2</SUP>.</I>

収録刊行物

  • Radioisotopes  

    Radioisotopes 49(7), 346-353, 2000-07-15 

    公益社団法人 日本アイソトープ協会

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004588126
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00351589
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00338303
  • NDL 記事登録ID
    5406550
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学) // ZN36(科学技術--原子力工学・工業) // ZP2(科学技術--化学・化学工業--物理化学) // ZS45(科学技術--医学--放射線医学)
  • NDL 請求記号
    Z15-20
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ