Si-LSIsとマイクロフォトニクス Si-LSIs and microphotonics

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

マイクロフォトニクスはマイクロエレクトロニクスに対応する概念で,情報のメッセンジャーとして電子の代わりに光子を用いる.光素子・回路の微細化のため,高屈折率差光学およびフォトニック結晶を用いる.本稿では, Si-LSIsにおける金属配線起因の速度限界打破,さらに光の本質である高速・波長多重性活用による速度の飛躍的向上に向けたアプローチについて紹介する.

収録刊行物

  • 應用物理  

    應用物理 68(9), 1034-1037, 1999-09-10 

    The Japan Society of Applied Physics

参考文献:  20件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004650482
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00026679
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03698009
  • NDL 記事登録ID
    4842975
  • NDL 雑誌分類
    ZM17(科学技術--科学技術一般--力学・応用力学)
  • NDL 請求記号
    Z15-243
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ