メタクリル酸メチル-アクリル酸エステル共重合体の185nm光によるアブレーティブ分解 Ablative Degradation of Copolymers of Methyl Methacrylate with Acrylic Acid Esters Using 185nm Light

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 白井 正充 SHIRAI Masamitsu
    • 大阪府立大学大学院工学研究科 Department of Applied Chemistry, Graduate School of Engineering, Osaka Prefecture University
    • 山田 宙 YAMADA Hiroshi
    • 大阪府立大学大学院工学研究科 Department of Applied Chemistry, Graduate School of Engineering, Osaka Prefecture University
    • 角岡 正弘 TSUNOOKA Masahiro
    • 大阪府立大学大学院工学研究科 Department of Applied Chemistry, Graduate School of Engineering, Osaka Prefecture University

抄録

メタクリル酸メチルと種々のアクリル酸エステルとの共重合体を合成し, 室温から130℃の範囲で, 高真空下, 185nm光を照射した時の分解挙動を検討した. ポリメタクリル酸メチルは室温での光照射では効率のよい主鎖切断が起こるが, 固体喪失 (アブレーション) は起こらなかった. しかし, 130℃ の照射ではアブレーションが起こった. アブレーションの速度はアクリル酸エステルとの共重合体では低下したが, 低下の程度は共重合体中のアクリル酸エステルの含量およびアクリル酸エステルの構造に依存した.

Copolymers of methyl methacrylate (MMA) and acrylic acid esters were prepared and the photoinduced degradation of the polymers was studied in vacuo using 185nm light. On irradiation at room temperature, the effective main-chain scission of poly (methyl methacrylate) (PMMA) was observed. On irradiation at 130°C, however, the ablative degradation of PMMA was observed. The rate of ablation of the copolymer of MMA and acrylic acid ester was lower compared to PMMA and the rate was dependent on the content of acrylic acid ester units and the structure of alkyl groups of acrylic acid ester units.

収録刊行物

  • マテリアルライフ  

    マテリアルライフ 12(1), 21-25, 2000-01-30 

    MATERIALS LIFE SOCIETY, JAPAN

参考文献:  24件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004660620
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10530609
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09153594
  • NDL 記事登録ID
    4968197
  • NDL 雑誌分類
    ZM16(科学技術--科学技術一般--工業材料・材料試験)
  • NDL 請求記号
    Z14-1501
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ