漆膜の各種光源下における光劣化 Light Deterioration of Oriental Lacquer Film under Various Illuminations

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 小川 俊夫 OGAWA Toshio
    • 金沢工業大学大学院工学研究科 Laboratory for Material Design Engineering, Kanazawa Institute of Technology
    • 甚内 英樹 JINNAI Hideki
    • 金沢工業大学大学院工学研究科 Laboratory for Material Design Engineering, Kanazawa Institute of Technology
    • 大澤 敏 OSAWA Satoshi
    • 金沢工業大学大学院工学研究科 Laboratory for Material Design Engineering, Kanazawa Institute of Technology

抄録

漆器等の伝統工芸品を美術館や博物館に展示, 保存する場合, 時間と共に光線により多かれ少なかれ色褪せたり劣化を起こす. そこで漆膜を美術・博物館用蛍光灯, 昼白色蛍光灯及びシリカ電球の3種類の光線で照射し, 光沢度測定, 色差測定, XPS分析及びSEM観察を行い光に対する影響を追跡した. その結果, 美術・博物館用蛍光灯を照射した漆膜が, 光沢残存率及び表面酸素量から最も劣化の少ない光源であることが見出された. また300lx以下では照度の影響が全体的に小さいが, 照度の増加とともに光劣化が増加した. しかし, 300から1000lxでは照度が増加しても光劣化は一定値を保った. シリカ電球においては, 原則この傾向は同じであるが, 漆膜の劣化は顕著であった.

Many traditional wares prepared with oriental lacquer are stored or exhibited in museums, and color change or deterioration generally occurs more or less by irradiation of light with time. The oriental lacquer film was irradiated by the fluorescent lamp for museum, ordinary fluorescent lamp and silicalight bulb. The surface of oriental lacquer film was analysed by gloss meter, colorimeter, X-ray photoelectron spectroscopy (XPS), scanning electron microscopy (SEM) and the effect of irradiation of light was investigated. When the oriental lacquer film was irradiated by the fluorescent lamp for museum, relative gloss and oxygen content of the film surface were restrained most efficiently. The influence of illuminance was in general small in the region of less than 300lx, but increased with illuminance. In the range of 300 to 1000lx, the influence was kept almost constant. This tendency was kept in principle for the silica light bulb. However the deterioration of the lacquer was considerable in the silica light bulb.

収録刊行物

  • マテリアルライフ  

    マテリアルライフ 12(1), 26-32, 2000-01-30 

    MATERIALS LIFE SOCIETY, JAPAN

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004660645
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10530609
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09153594
  • NDL 記事登録ID
    4968207
  • NDL 雑誌分類
    ZM16(科学技術--科学技術一般--工業材料・材料試験)
  • NDL 請求記号
    Z14-1501
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ