オゾン層破壊に対応した建築用高分子仕上塗材の新耐候性予測法(その1.理論的モデルと数学的定式化) New Prediction Methods of Service Life of Building Polymeric Surface Finishing Materials Taking into Consideration of Depletion of Ozone Layer(Part 1.Theoretical Modeling and Mathematical Formulation)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 福島 敏夫 FUKUSHIMA Toshio
    • 建設省建築研究所 Associate Director for Composite Materials, Department of Building Materials and Components, Building Research Institute, Ministry of Construction, the Government of Japan

抄録

建築用高分子仕上塗材は, 通常の屋外暴露条件下では, 主に紫外線の作用により, 材質変化型の劣化が起こりやすい. これまでの耐候性予測方法では, 紫外線強度が時間によらず一定と仮定した劣化モデルが用いられてきたが, 最近ではオゾン層破壊に対応した取扱が必要とされるようになった. それは, オゾン層破壊は, 短波長側の有害な紫外線の増加をもたらすだけでなく, 劣化のメカニズムそのものを変えてしまうことが予想されるためである. ここでは, 有害紫外線の指数関数的な増加の項を含む光量子流束を考えた新しい劣化モデルと耐候性予測法を提案する.

Recently new prediction models taking into consideration of the depletion of ozone layer for polymeric surface finishing materials have been required. This is because the depletion of ozone layer will cause not only the increase of the dangerous shorter wavelength ultraviolet light, but also the change of the deterioration mechanisms themselves. In this paper, new theory containing exponentialy increasing function of photon flux of absorption band is proposed for the predictions of service life of the materials.

収録刊行物

  • マテリアルライフ

    マテリアルライフ 12(2), 92-97, 2000-04-30

    MATERIALS LIFE SOCIETY, JAPAN

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

  • <no title>

    富板崇

    日本建築学会構造系論文報告集 298, 9-17, 1990

    被引用文献1件

  • <no title>

    FUKUSHIMA T.

    Proc.Interntl.Sym on Polymer Wear and Its Control, St.Lewis, U.S.A.(April8-13, 1984);ACS Symposium Series 287, 847-861, 1985

    被引用文献1件

  • <no title>

    福島敏夫

    セメント コンクリート 435, 50-60, 1997

    被引用文献1件

  • <no title>

    United Nations Environment Program

    Environmental Effects of Ozone Depletionレ1994 Assessment 1, 1994

    被引用文献1件

  • <no title>

    福島敏夫

    マテリアルライフ学会年次大会第6回研究発表 招待講演会予稿集, 37-40, 1995

    被引用文献1件

  • <no title>

    福島敏夫

    日本建築仕上学会1996年大会学術講演会研究発表論文集, 155-158, 1996

    被引用文献1件

  • <no title>

    FUKUSHIMA T.

    Proc.Sym.K, Environment Conscious Materials of the 3rd.IUMRS Interntl.Conference on Advanced Materials, 503-506, 1994

    DOI 被引用文献1件

  • <no title>

    MARTIN J.

    J. Appl. Poly. Sci. 29, 777-794, 1984

    被引用文献2件

  • <no title>

    KASHIWAGI T.

    Macromolecules 18(2), 131-138, 1985

    被引用文献2件

  • <no title>

    FUKUSHIMA T.

    Durability Build. Mater. 1, 327-343, 1986

    被引用文献2件

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

  • 塗料の劣化・耐久性

    吉田 豊彦

    非破壊検査 = JOURNAL OF THE JAPANESE SOCIETY FOR NON-DESTRUCTIVE INSPECTION 54(1), 9-14, 2005-01-01

    参考文献23件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004660765
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10530609
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09153594
  • NDL 記事登録ID
    5384191
  • NDL 雑誌分類
    ZM16(科学技術--科学技術一般--工業材料・材料試験)
  • NDL 請求記号
    Z14-1501
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ