C/Cコンポジットの密度や最終焼成温度が摩耗特性に及ぼす影響 Effects of Density and Heat Treatment Temperature on Wear Performance of C/C Composites

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

密度および最終焼成温度を変化させたC/Cコンポジットの高速摩擦試験を行い, 得られた摩耗特性の結果を検討した. C/Cコンポジットの耐摩耗性は密度が増加すると最終焼成温度 (HTr) 1873, 2273Kの場合には向上したが, HTT2473Kの場合には逆に低下した. また, 得られた結果を二次式により近似すると, C/Cコンポの平均原子面間隔d<SUB>(002)</SUB> が, 0.339~0.340nmの箇所で最も耐摩耗性が優れていることがわかった.

High-speed frictional tests of C/C composites having different densities and the final heat treatment temperatures have been studied. It was found that the wear resistance of C/C composites expressed by the number of tests increased with the increase of the densities at heat treatment temperatures (HTT) 1873 and 2273K, while this value decreased at HTT 2473K when the density was high. It was confirmed from the analysis of the experimental results that the best value for wear resistance of C/C composites was obtained at the average atomic face lattice distance d<SUB>(002)</SUB> was 0.339 to 0.340nm.

収録刊行物

  • マテリアルライフ  

    マテリアルライフ 12(2), 98-102, 2000-04-30 

    MATERIALS LIFE SOCIETY, JAPAN

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004660776
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10530609
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09153594
  • NDL 記事登録ID
    5384235
  • NDL 雑誌分類
    ZM16(科学技術--科学技術一般--工業材料・材料試験)
  • NDL 請求記号
    Z14-1501
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ