化学発光法によるセルロースパルプの劣化に関する研究 Chemiluminescence Study on the Degradation of Cellulose Pulps

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

種々のセルロースパルプ (機械パルプ (TMP), 針葉樹晒サルファイトパルプ (NBSP), 針葉樹晒クラフトパルプ (NBKP), 針葉樹未晒クラフトパルプ (NUKP) 及びろ紙) の劣化を主として化学発光法により検討し次の結果を得た.化学発光挙動は供試パルプの種類により著しく異なり, 発光強度は次の順で減少した.TMP>NBKP>NBSP>NUKP>ろ紙.晒系の白色パルプ (NBSP, NBKP, ろ紙) の化学発光強度は光照射時間と共に増加したが, 未晒系の着色パルプではそのような傾向は認められなかった.これは紫外・可視スペクトルの測定結果から着色物質により放射光が遮蔽・吸収されるためと考えられる.

Oxidative degradation of cellulose pulps, namely, thermo-mechanical pulp (TMP), softwood bleached sulfite pulp (NBSP), softwood bleached kraft pulp (NBKP), softwood unbleached kraft pulp (NUKP) and filter paper, was examined by mainly chemiluminescence (CL) and the following results were obtained. CL behavior of the examined pulps was extremely different from each other and the decreasing order of its intensity was as follows: TMP‹NBKP›NBSP‹NUKP›Filter paper. In the case of the bleached pulps; NBKP, NBSP and filter paper, the CL intensity increased with photo-irradiation time, but little changes in its intensity was observed in unbleached pulps; TMP and NUKP. From ultraviolet-visible spectra measurement, it was ascribed to the shielding and/or absorption of the emitted light by the colored materials in the pulps.

収録刊行物

  • マテリアルライフ  

    マテリアルライフ 12(3), 150-157, 2000-07-31 

    MATERIALS LIFE SOCIETY, JAPAN

参考文献:  32件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004660866
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10530609
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09153594
  • NDL 記事登録ID
    5430696
  • NDL 雑誌分類
    ZM16(科学技術--科学技術一般--工業材料・材料試験)
  • NDL 請求記号
    Z14-1501
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ