AE観測によるラジアル転がり軸受の異常診断の研究(第1報)-転がり疲れクラックの発生・進展によるAEの発生位置標定法の提案と数値計算シミュレーションによる確認- Diagnosis of Radial Rolling Bearing using Acoustic Emission Technique(Part 1)-Proposition of Location Method for AE Accompanying Propagation of Rolling Contact Fatigue Crack and Confirmation by Numerical Simulation-

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • トライボロジスト  

    トライボロジスト 45(4), 329-336, 2000-04-15 

    日本トライボロジ-学会

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004666132
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10056166
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09151168
  • NDL 記事登録ID
    5348648
  • NDL 雑誌分類
    ZN11(科学技術--機械工学・工業)
  • NDL 請求記号
    Z16-540
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL 
ページトップへ