X線小角散乱装置とそのデザイン Basic Designs of X-ray Small-angle Scattering Instrumentation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 猪子 洋二 INOKO Yoji
    • 大阪大学基礎工学研究科 Division of Biophysical Engineering, Graduated School of Engineering Science

抄録

In the last two decades many types of small-angle X-ray scattering cameras have been developed, including facilities for synchrotron sources. The fundamental requirement of such facilities is to provide X-ray beams of high flux and narrow angular width, which permit intensity measurements at smaller angles. Here the general principles of design and construction of laboratory instrumentation are described together with the definitions of some specific parameters.

収録刊行物

  • 日本結晶学会誌  

    日本結晶学会誌 41(4), 227-235, 1999-08-30 

    The Crystallographic Society of Japan

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004673853
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00188364
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03694585
  • NDL 記事登録ID
    4866226
  • NDL 雑誌分類
    ZM46(科学技術--地球科学--岩石・鉱物・鉱床)
  • NDL 請求記号
    Z15-138
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ