地震動のやや長周期成分からみた1923年関東地震の震源特性 その3 仙台向山観象所および山形測候所での観測記録を用いた断層モデルの改良 Source Characteristics of the 1923 Kanto Earthquake Inferred from Long-Period Strong Motion Data Part3 A Revised Fault Model from the Simulation of Seismograms at the Sendai (Mukaiyama) and Yamagata Observatories

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 地震. 2輯  

    地震. 2輯 52(2), 317-333, 1999-10-20 

    日本地震学会

参考文献:  30件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004680725
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00305741
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00371114
  • NDL 記事登録ID
    4882846
  • NDL 雑誌分類
    ZM41(科学技術--地球科学)
  • NDL 請求記号
    Z15-199
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL 
ページトップへ