陰イオン交換樹脂による消化管内食物性リン酸の吸着 Adsorption of Dietary Phosphate in Gut with Anion Exchange Resin

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 井上 浩義 INOUE Hiroyoshi
    • 久留米大学医学部放射性同位元素施設 Radioisotope Institute for Basic and Clinical Medicine, Kurume University School of Medicine

抄録

本研究は,高リン血症の治療のために,消化管内において食物性リン酸を効率的に吸着除去する物質としての陰イオン交換樹脂のリン酸吸着性に関する基礎的な知見を得ることを目的とする。被験物質として,現在高リン血症治療薬として広く用いられている炭酸カルシウムならびに各種陰イオン交換樹脂を使用する。実験は,15mmol dm<SUP>-3</SUP>リン酸溶液に対する被験物質のリン酸吸着実験(in vitro実験)およびラットに被験物質を経口摂取させた場合のふんおよび尿中リン量の測定実験(in vivo実験)を行った。in vitro実験の結果,陰イオン交換樹脂は,リン酸吸着量では炭酸カルシウムに及ばなかったが,非常に早い吸着速度を示し,また,溶液のpHの影響を受けにくいという結果を得た。一方,in vivo実験では,炭酸カルシウム投与群のふん中リン量は対照群に比べて,1.58倍に増加したが,陰イオン交換樹脂PAA-B投与群では1.77倍と炭酸カルシウム投与群よりもさらに優れたリン酸吸着性を示した。以上のことから,単位重量当たりに多くの陰イオン交換基を有する第一級·第二級ポリアミン型陰イオン交換樹脂は,新規な高リン血症治療薬となる可能性があることが示唆された。

In order to study the characteristics of anion exchange resin that may effectively bound the dietary phosphate in digestive system, in vitro and in vivo studies in phosphate binding were carried out by comparing anion exchange resins, PAA-B, WA10, and Dowex 1×8, with calcium carbonate. In vitro phosphate binding experiments, the anion exchange resins used bound lesser phosphate than calcium carbonate at pH7. The binding equilibrium of resins, however, was reached within 1 hour and was more rapidly than that of calcium carbonate without pretreatment of acid solution. In vivo phosphate binding experiments, the fecal phosphorus excretions of rats with PAA-B, WA10, Dowex 1×8, or calcium carbonate were increased by 77.4, 38.4, 8.4, or 57.7%, respectively. While the uric phosphorus excretions were decreased by 73.9, 42.7, 20.5, or 66.9%, respectively. Famotidine, histamine H<SUB>2</SUB> receptor antagonist, significantly reduced phosphate binding of calcium carbonate (P<0.01) while it had no influence on anion exchange resins. These results suggest that anion exchange resin, especially in which the primary and secondary amino type anion exchange groups are maximally introduced, has a bright prospect of an effective drug for treating hyperphosphatemia in patients with chronic renal disease of end stage and with hemodialysis.

収録刊行物

  • 日本化学会誌 : 化学と工業化学 = Journal of the Chemical Society of Japan : chemistry and industrial chemistry  

    日本化学会誌 : 化学と工業化学 = Journal of the Chemical Society of Japan : chemistry and industrial chemistry 2000(1), 19-23, 2000-01-10 

    The Chemical Society of Japan

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004687303
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00186595
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03694577
  • NDL 記事登録ID
    4955882
  • NDL 雑誌分類
    ZP1(科学技術--化学・化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-659
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ