電気亜鉛めっき用高耐久性アノードの開発 Development of a Highly Durable Anode for Electrogalvanizing Lines

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

著者らは,電気亜鉛めっきラインで使用する酸素発生用アノードとして高耐久性を有すIrO<SUB>2</SUB>-Ta<SUB>2</SUB>O<SUB>5</SUB>/Ti電極の開発を行ってきた。実際の電気亜鉛めっきラインにおける耐久性を向上させるために,アノード電解に伴うIrO<SUB>2</SUB>-Ta<SUB>2</SUB>O<SUB>5</SUB>コーティング層の表面形態や組成の変化について検討した。実験から得られた知見に基づいて,コーティング層の劣化機構や電極の寿命を決定する要因について検討した。電極の寿命を向上させるためには,コーティング層内部に電解液が浸透することにより生じるチタン基板の腐食を抑制することが重要である。この問題に対して,コーティング層のち密化とコーティング層-チタン基板間に高耐食性の中間層を形成することによって,高い耐久性を実現することに成功した。この改良型のIrO<SUB>2</SUB>-Ta<SUB>2</SUB>O<SUB>5</SUB>/Ti電極の性能について紹介する。

We have developed highly durable IrO<SUB>2</SUB>-Ta<SUB>2</SUB>O<SUB>5</SUB>/Ti electrodes as an oxygen evolution anode in electrogalvanizing lines (EGLs). The morphological and compositional changes of the IrO<SUB>2</SUB>-Ta<SUB>2</SUB>O<SUB>5</SUB> coating during anodic electrolysis have been investigated in order to improve the durability of the electrode in commercial EGLs. Based on the experimental findings obtained, the deterioration mechanism of the coating layer and the dominant factor to determine the electrode lifetime were examined. A key point to prolong the lifetime is the corrosion inhibition of the titanium substrate, which is induced by the penetration to the coating layer. The densification of the coating layer and the formation of a corrosion-resistive interlayer between the coating layer and the titanium substrate have successfully achieved the improved durability. The performance of the advanced IrO<SUB>2</SUB>-Ta<SUB>2</SUB>O<SUB>5</SUB>/Ti electrode is shown.

収録刊行物

  • 日本化学会誌 : 化学と工業化学 = Journal of the Chemical Society of Japan : chemistry and industrial chemistry

    日本化学会誌 : 化学と工業化学 = Journal of the Chemical Society of Japan : chemistry and industrial chemistry 2000(5), 299-305, 2000-05-10

    公益社団法人 日本化学会

参考文献:  26件中 1-26件 を表示

  • <no title>

    BEER H. B.

    U. K. Patent, 1195871, 1968

    被引用文献2件

  • <no title>

    BEER H. B.

    U.K.Patnet 1147442, 1969

    被引用文献1件

  • <no title>

    BEER H. B.

    特公昭636215, 1971

    被引用文献1件

  • <no title>

    中川誠二

    ソーダと塩素 39, 17, 1987

    被引用文献1件

  • <no title>

    高橋正雄

    ソーダと塩素 47, 133, 1995

    被引用文献1件

  • <no title>

    増子昇

    鉄と鋼 77, 871, 1991

    被引用文献4件

  • <no title>

    KRYSA J.

    J.Appl.Electrochem. 26, 999, 1996

    被引用文献3件

  • <no title>

    VERCESI G. P.

    Electrochim. Acta 36, 991, 1991

    被引用文献3件

  • <no title>

    CHOMNINELLIS Ch.

    J.Appl.Electrochem. 21, 316, 1991

    被引用文献1件

  • <no title>

    MURAKAMI Y.

    Electrochim. Acta 39, 651, 1994

    被引用文献7件

  • <no title>

    LEHOVEC K.

    J.Less-Common Met. 7, 397, 1964

    被引用文献1件

  • <no title>

    LODI G.

    J.Electroanal.Chem. 256, 441, 1988

    被引用文献1件

  • <no title>

    BENEDETTI A.

    J.Mater.Chem. 1, 511, 1991

    被引用文献1件

  • <no title>

    OTOGAWA R.

    Denki Kagaku 65, 987, 1997

    被引用文献4件

  • <no title>

    電気化学協会

    電気化学便覧 270, 1993

    被引用文献1件

  • <no title>

    高橋正雄

    ソーダと塩素 39,439, 531, 1988

    被引用文献3件

  • <no title>

    MENG H.

    Denki Kagaku 66, 1148, 1998

    被引用文献1件

  • <no title>

    OTOGAWA R.

    Proceedings of the R.B.MacMullin Memorial Symposium:Chlor-Alkali and Chlorate Technology, 79-83, 1999

    被引用文献1件

  • <no title>

    川口健次

    第23回電解技術討論会講演要旨集 1999, 13

    被引用文献1件

  • <no title>

    MORIMITSU M.

    Denki Kagaku 65, 1110, 1997

    被引用文献3件

  • <no title>

    音川隆一

    鉄と鋼 84, 785, 1998

    被引用文献1件

  • <no title>

    孟惠民

    表面技術 49, 1127, 1998

    被引用文献1件

  • <no title>

    KAMEGAYA Y.

    Electrochim.Acta 40, 889, 1995

    DOI 被引用文献6件

  • <no title>

    ROGINSKAYA Y. E.

    J.Chem.Soc., Faraday Trans. 89, 1707, 1993

    DOI 被引用文献1件

  • <no title>

    OSAKA A.

    J.Non-Crystalline Solid 178, 313, 1994

    DOI 被引用文献2件

  • <no title>

    OTOGAWA R.

    Electrochim.Acta 44, 1509, 1998

    DOI 被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004688103
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00186595
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03694577
  • NDL 記事登録ID
    5367857
  • NDL 雑誌分類
    ZP1(科学技術--化学・化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-659
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ