酸化物および貴金属触媒を用いた固定床反応器におけるC9石油樹脂の脱フッ素反応 Defluorination of C9 Petroleum Resin in the Presence of Metal Oxide Catalysts and Noble Metal Catalysts on Fixed-Bed Reactor

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

C9石油樹脂の脱フッ素反応を貴金属および酸化物触媒を用い,固定床流通反応器によって行った。水素雰囲気下において,Pt-アルミナ触媒が225°Cで60%の脱フッ素活性を示した。窒素雰囲気下では,チタニア触媒が石油樹脂を分解することなく高い活性(70%)を示した。

Defluorination of C9 petroleum resin was carried out over noble metal and metal oxide catalysts with fixed-bed reactor. Under hydrogen atmosphere, Pt-alumina catalyst decomposed 60% of fluorine compounds at 225°C. Under nitrogen atmosphere, titania catalyst showed higher activity(70%) without the decomposition of petroleum resin.

収録刊行物

  • 日本化学会誌 : 化学と工業化学 = Journal of the Chemical Society of Japan : chemistry and industrial chemistry  

    日本化学会誌 : 化学と工業化学 = Journal of the Chemical Society of Japan : chemistry and industrial chemistry 2000(5), 319-322, 2000-05-10 

    The Chemical Society of Japan

参考文献:  3件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004688162
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00186595
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03694577
  • NDL 記事登録ID
    5367867
  • NDL 雑誌分類
    ZP1(科学技術--化学・化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-659
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ