リチウムイオン二次電池の開発と最近の技術動向 Development of Lithium Ion Battery and Recent Technology Trends

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 吉野 彰 YOSHINO Akira
    • 旭化成工業株式会社リチウムイオン二次電池事業推進グループ Rechargeable Ion Battery Division, Asahi Chemical Industry Co., Ltd.
    • 大塚 健司 OTSUKA Kenji
    • 旭化成工業株式会社リチウムイオン二次電池事業推進グループ Rechargeable Ion Battery Division, Asahi Chemical Industry Co., Ltd.
    • 小山 章 KOYAMA Akira
    • 旭化成工業株式会社リチウムイオン二次電池事業推進グループ Rechargeable Ion Battery Division, Asahi Chemical Industry Co., Ltd.
    • 中條 聡 NAKAJYO Satoshi
    • 旭化成工業株式会社リチウムイオン二次電池事業推進グループ Rechargeable Ion Battery Division, Asahi Chemical Industry Co., Ltd.

抄録

携帯電話,ノートパソコン,カムコーダー等の電源として広く用いられているリチウムイオン二次電池の開発経緯と技術動向について述べる。導電性高分子ポリアセチレンの研究がこのリチウムイオン二次電池の開発の原点であった。ポリアセチレンを二次電池の負極に用いようとの試みが炭素質材料負極へと展開し,ほぼ同時期に見いだされた正極材料であるリチウムイオン含有金属酸化物LiCoO<SUB>2</SUB>と組み合わされ,現在のリチウムイオン二次電池が完成した。商品化されて以降の電池特性の改良,特に容量の向上は著しく,現在では商品化当初の約2倍になっている。この容量向上は主として負極炭素質材料の改良により達成されてきた。この背景にはπ電子化学という新しい学問領域の進歩があり,次々に新しい炭素質材料が開発されてきた。<BR>今後,これらの改良開発によりリチウムイオン二次電池の特性はさらに改善されていくものと思われる。

Lithium ion battery has been widely used for cellular phones, notebook personal computers and camcorders.<BR>Development and technology trend of lithium ion battery are reviewed. The origin of lithium ion battery was the research on secondary battery using an electroconductive polymer, polyacetylene, as the negative electrode. Then the focus was shifted from polyacetylene to carbonaceous materials which also have π electrons. They were combined with a lithium ion-containing metal oxide, LiCoO<SUB>2</SUB> as the positive electrode.<BR>Capacity of the lithium ion battery has been increased every year and present capacity is twice as much as the initial value.<BR>This improvement of capacity has been achieved by improvement of carbonaceous materials.

収録刊行物

  • 日本化学会誌 : 化学と工業化学 = Journal of the Chemical Society of Japan : chemistry and industrial chemistry

    日本化学会誌 : 化学と工業化学 = Journal of the Chemical Society of Japan : chemistry and industrial chemistry 2000(8), 523-534, 2000-08-10

    公益社団法人 日本化学会

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

  • <no title>

    吉野彰

    化学工業 146, 870, 1995

    被引用文献1件

  • <no title>

    吉野彰

    炭素 186, 45, 1999

    被引用文献2件

  • <no title>

    山邊時男

    1994年度炭素材料セミナー要旨集 9

    被引用文献1件

  • <no title>

    吉野彰

    日本化学会第65春季年会講演要旨集 1993, 547

    被引用文献1件

  • <no title>

    MIZUSHIMA K.

    Mat. Res. Bull. 15, 783, 1980

    被引用文献10件

  • <no title>

    吉野彰

    特開昭62-90863

    被引用文献2件

  • <no title>

    吉野彰

    特開昭63-121260

    被引用文献1件

  • <no title>

    DAHN J. R.

    Electrochim. Acta 38, 1179, 1993

    被引用文献3件

  • <no title>

    YATA S.

    Synth. Met. 62, 153, 1994

    被引用文献13件

  • <no title>

    SATO K.

    Science 264, 556, 1994

    被引用文献20件

  • <no title>

    YAZAMI R.

    Rechargeable Lithium and Lithium-Ion Batteries, Proc.Symp. 183, 1994

    被引用文献1件

  • <no title>

    MABUCHI A.

    J. Electrochem. Soc. 142, 1041, 1995

    被引用文献18件

  • <no title>

    INABA M.

    J. Electrochem. Soc. 142, 20, 1995

    被引用文献7件

  • <no title>

    TATSUMI K.

    J. Electrochem. Soc. 142, 716, 1995

    被引用文献6件

  • <no title>

    NAGAI A.

    Mat. Res. Soc. Symp. Proc. 393, 339, 1995

    被引用文献2件

  • <no title>

    HARA M.

    J.Phy.Chem. 143, 16338, 1995

    被引用文献1件

  • <no title>

    ZHENG T.

    J. Electrochem. Soc. 143, 2137, 1996

    被引用文献10件

  • <no title>

    CHIANG C. K.

    J. Chem. Phys. 69, 5098, 1978

    DOI 被引用文献2件

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004688732
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00186595
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03694577
  • NDL 記事登録ID
    5436794
  • NDL 雑誌分類
    ZP1(科学技術--化学・化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-659
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ